面接のマナー


アルバイト、特に短期バイトでは面接がなかったり、あったとしても事務手続きであったりと、簡略されているものが多くなっています。しかし、アルバイトであっても職種によってはしっかりと面接によって採用の可否もありますし、学生の場合はかならず就職活動で面接を避けられません。

ここではアルバイトの面接の心構えに合わせて、就職や転職にも必要な面接の常識やマナーを身につけましょう。


面接の常識とマナー


面接日と面接時間

「時間を守るのは社会人としての常識」と言われます。社会人はもちろん学生といえども社会で働く限りは社会人としてのモラルが求められます。面接や説明会などアルバイト希望先との約束時間は10分前行動を心得ておきましょう。

提示された面接日や面接時間であなたの都合が悪い場合は変更依頼をしてください。それで先方の気分を害することはまずありません。「申し訳ありませんが○月○日○時は都合が悪いため、△月△日△時からでよろしいでしょうか?」と交渉すればよいでしょう。先方からも都合の良い時間帯を再度提示されることもあります。


質問への回答は具体的に


面接の担当者からはさまざまな質問があなたへ投げかけられます。「がんばります」というのは面接担当者も聞き飽きてますし、仕事をするのですからがんばってあたりまえですよね。質問に対してはなるべく具体的な回答を行うようにしましょう。

よく聞かれる質問

・志望動機
・自己PR
・辞める理由(転職の場合)


服装

就職活動や転職の場合は、スーツ黒髪は必須です。
男性の場合はネクタイも必要になります。

アルバイトの場合

アルバイトの場合で面接の際、服装は私服でよいですが清潔なものを心がけてください。





Copyright © 2006-2011 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年11月18日 8時30分04秒です。