マスコミ・出版


マスコミ・出版・広告関連の仕事は人気の高い職種です。それぞれがどんな役割をしているのかをちゃんとチェックし、この仕事に就くためのステップもしっかり把握しておきましょう。


関東でマスコミ・出版のアルバイトを探す


東海でマスコミ・出版のアルバイトを探す


関西でマスコミ・出版のアルバイトを探す


広告制作
コピーライター
編集者
原稿担当・トラフィック
記者・ライター
ビデオ・ラジオ・テレビ関連技術者
フォトグラファー
印刷・製本




広告制作

ポスターやチラシから、新聞・雑誌広告、テレビCMなどの広告枠に掲載する商品やサービスの広告を作成する仕事です。企画、プレゼンから、コピーライターやフォトグラファー、デザイナーなどのスタッフをとりまとめるディレクション的な役割まで、媒体などによっても仕事の内容が異なります。クライアントの意向をいかに表現するかといったセンスやアイデアが求められるほか、広告の完成をイメージするために印刷や映像などに関する知識も必要になります。新聞や雑誌の広告部門や広告代理店や広告制作会社に勤務し、その肩書きはときに広告企画だったり、ディレクターだったり、プロデューサーだったりする。営業スタッフを介さず、クライアントと直接やり取りするケースも蜜にあるため、コミュニケーション能力も必要となります。

コピーライター

電車の中吊りや駅貼りのポスター、新聞や雑誌の広告からテレビ・ラジオCMまで、あらゆる広告のキャッチコピーを考える仕事です。簡潔な文章で、広告主が言いたいことをインパクトを持たせ、いかに的確に表現するか、より多くの人の目にとまる言葉にできるかというアイデアやセンスが問われます。短いキャッチコピーだけでなく、ときには雑誌の記事のような長いコピーを書くこともあるので当然文章力は必須になります。広告代理店や広告制作会社などに勤めているケースがほとんどだが、有名コピーライターともなれば、フリーとして独立して事務所を構えている人もいます。

編集者

雑誌や書籍などの編集作業を行う仕事です。仕事内容は企画の立案、企画が具体化したら、ライターやカメラマン、イラストレーターに原稿執筆や撮影、イラストの作成を依頼し、デザイナーと打ち合わせをしながら、誌面を作り上げて行きます。たいていはライターに原稿を発注するが、ときには編集者自身が執筆を行うことも。印刷所に入稿する前に、誌面の内容に間違いがないか確認するといった、校正作業も大切な業務になります。雑誌の場合はこれらの一連の作業が、何企画分も同時進行することが多いので、冷静な判断力や行動力が求められます。新店舗や新商品のレセプションに参加したり、有名人のインタビューに同行するなど、マスコミ業界らしい華やかな一面もあるが、業務の中心はデスクワークになり、地道な作業が多いということを覚えておきましょう。

原稿担当・トラフィック

広告などの原稿や写真、版下を届けたり、取りに行ったりする仕事です。単にメッセンジャーとしてだけでなく、原稿がきちんと入っているかの確認やスケジュール管理なども行い、クライアント(広告主)や広告代理店、出版社との橋渡し的役割を担います。一方、原稿担当は、広告代理店の営業担当などがクライアントから聞いてきた内容を簡単な原稿にまとめたり、データ入力を行います。いずれも広告制作の現場でニーズが高く、トラフィックの合間に原稿を作成するなど、両方の業務をこなす場合も多いです。大切な原稿や写真をやり取りするので、責任感を持って働ける人であることはもちろん、データ管理やスケジュール管理が重要になるので、几帳面な性格の人に最適といえます。

記者・ライター

新聞や雑誌、またはWebなどの媒体に記事を書く仕事です。雑誌社や新聞社などに所属して自社媒体に記事を書く人を「記者」、雑誌社や新聞社から依頼を受けて記事を書く外部スタッフを「ライター」と呼ぶことが一般的です。ライターにはフリーランスで活躍している人も多いですが、中には雑誌社や新聞社から業務を請け負う人もいます。シゴト内容はさまざまで、音楽、スポーツなど、特定の分野に強い専門ライターもいれば、幅広いジャンルをかけもちしているライターもいます。

ビデオ・ラジオ・テレビ関連技術者

ビデオカメラを取り扱う映像カメラマン、撮影した映像の編集を行う編集スタッフ、ラジオなどの音声を記録する録音スタッフ、ノイズやマイク感度をチェックする音響スタッフなど、メディア制作を行う専門技術職の仕事です。いずれも機材を扱えるだけの専門的な知識が必要になるため、専門学校などを経て就職し、アシスタント業務から徐々にスキルアップしていくケースが多くなっています。アシスタントとしてアルバイトを始め、プロを目指すパターンもあり、入り口は狭き門というわけでもなさそうです。身近なところでは、結婚式場のビデオ・音響係から、ライブハウスやイベントホールのスタッフ、さらにはテレビやラジオの制作会社、映画の制作会社まで、活躍の場は幅広いです。業界独特の文化があるため初めはとっつきにくいかもしれませんが、チーププレイで成立する仕事のため慣れると仲間意識が強くなります。

フォトグラファー

写真を撮ることが仕事になります。活躍の場は新聞から雑誌、広告まで幅広く、新聞の場合は事件の現場にいち早く駆けつけてスクープおさえます。いっぽう雑誌では、スタジオでモデルを撮影したり、ライターや編集者と共に取材に行って誌面を構成するために必要な写真を撮ります。広告の場合も同様に、スタジオやロケで広告主が求める写真を撮影します。技術が入る仕事のため、まずはアシスタントから入って仕事や技術、業界を覚えていくことが登竜門のようです。

印刷・製本

色目や紙のサイズなど、印刷物の仕様に合わせて一番適した印刷機を動かし、その稼働状況を監視・管理する仕事です。雑誌や書籍などの場合は印刷された紙を取りまとめ、表紙などをつけて冊子のスタイルにします。この印刷から製本までの行程をひとつの生産ラインで仕上げる場合も多く、印刷と製本の両方の知識が求められます。会社の規模によっては、印刷の前段階となる版下、製版、刷版などの仕事に関わる場合もあります。





Copyright © 2006-2011 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年5月27日 8時04分40秒です。