契約形態について


一般に雇い主と労働者はどのような関係にあるのでしょうか。アルバイトだけではなく他の契約形態もぜひ知っておきましょう。



正社員


正規雇用で企業に雇われ従業員籍を有する労働者の事で一般的に「社員」と言われる契約形態です。雇用期間を定めずに契約します。賃金は加齢と共にあがる形態(年功序列)が多く見られます。


契約社員


企業などと有期の期間での雇用契約を結んで職務に従事する社員のことを言い、半年契約や1年契約など契約ごとに期間を決めて勤務する形態です。

アルバイトとの明確な区別はないのですが、給与体系は「月給制+残業代+諸手当」が一般的になっており社員と同様の形態となっています。ただし、退職金はほとんどの場合で支給されません。


アルバイト・パート


正社員と比べて短期間で低賃金である事を特徴とする期間契約社員の一種で、未婚で年齢の若い社員の場合はアルバイト、主婦のかたわらにする場合はパートと呼ばれる場合が多い。法律的にも正社員や契約社員と立場はさほどかわらないようです。ただし、雇用安定性は正社員、契約社員に比べもっとも低い立場となります。


一般派遣


派遣会社に登録し、派遣先が決まると派遣会社と雇用契約を結び、業務指示は派遣先の指示の元に勤務する形態のことです。一定期間(主に3ヶ月)勤務し、期間が終わると雇用期間が終了します。通常は継続するかどうかの選択があり、継続する場合はさらに3ヶ月間同様の形態で勤務します。派遣先から人材交代等の要求があった場合は短期間で雇用が終了する場合もあります。

また、登録後に即勤務できるわけではないということを十分認識しておく必要があります。登録先によって形態が変わるため、事前に確認しておきましょう。


業務委託契約


個人事業主となって、労働基準法や最低賃金法などが適用されず、一般的に社会保険にも加入できない形態です。

「契約を1件受注したらいくら報酬がある」などの営業や「チラシを何枚配ったらいくら」などのスタッフが一般的とされています。売上げや実績で大きな報酬を得ることも可能だが、全ての責任を自分で負うことになるため、報酬の計算方法など契約に際しては規定などを事前に十分確認する必要がある。



Copyright © 2006-2011 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年9月25日 0時24分29秒です。