労働時間と休日


労働時間や休憩、休日などはすべて労働基準法という法律で定められています。


労働時間


雇い主の下で労働をしなければならない時間のことです。休憩時間は労働時間に含まれず、雇い主のもとで労働はしていないがいつでも労働できる状態である時間(待機時間)は労働時間に含まれます。

労働時間は休憩時間を除き1週間について40時間を超えて労働させてはならず、さらに休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない、とされています。

変形労働時間制

日々の業務に著しい繁閑の差が出ることが多い場合、その業務の特性に合わせて労働時間の配分を行う制度のことです。1週間当たりの労働時間が40時間を越えない範囲で認められています。

フレックスタイム制

一定期間の労働時間を法定労働時間内に定めておき、労働者がその範囲内で始業時間および就業の時間を指定して働くことで効率的に勤務することが出来る制度。コアタイムという言葉は耳にしたことがあると思います。定められたいって時間はかならず就業する必要がある時間帯のことです。


休憩


雇い主は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない、と規定されています。


休日


雇い主は、労働者に対して毎週少くとも1回の休日を与える、または 4週間を通じ4日以上の休日を与える、と規定されています。


時間外労働(残業)


法定労働時間外の労働のことで通常は就業規則などで労働時間が定められているため、それを超えて労働することを言います。

時間外労働を行った場合は通常の労働時間の賃金の2割5分以上5割以下の範囲内で政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払われます。


有給休暇


雇い主は、雇用した日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続または分割した10日間の有給休暇を与えなければならない、と規定されています。

アルバイトの場合でも上記条件を満たす場合は有給休暇を申請することができ、法律上雇い主はそれを拒否することはできないことになります。



Copyright © 2006-2011 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年7月17日 22時41分02秒です。