ファッション


洋服などのファッションが好きな方ならこの業界に憧れたことのあるでしょう。ファッション業界といっても、服の制作、販売、スタイリストなど、職種により必要な技術や知識は異なってきます。さらに、ネイルやヘアメイクなど服以外の分野を専門とする仕事も近年では幅広く活躍しています。職業によっては資格が必要であったり、専門学校の学科を選択する必要があるなど、自分はどんなことが得意なのか、何をしたいのかなど考えながら必要な技術などをチェックしてください。


関東でファッションのアルバイトを探す


東海でファッションのアルバイトを探す


関西でファッションのアルバイトを探す


ファッションアドバイザー
モデル
ファッションデザイナー
パタンナー
ソーイング
エステティシャン・ネイリスト
理容師・美容師
スタイリスト
ヘアメイク・メイクアップ




ファッションアドバイザー

ブランド直営のショップやセレクトショップなどの店員として、自社の商品を着こなしながら販売や接客を行います。アルバイトの求人も多く、アパレル業界への入り口として人気がとても高い仕事です。お客さんに似合う服を見立てたり、アドバイスも行うため、単に販売するだけでなく、センスやトークの力が必要とされます。また、ショップによっては洋服以外にアクセサリーやバック、コスメなどを扱っている場合もあり、トータルなアドバイスができればさらに良い感じです。もちろん、店内の清掃や商品陳列、在庫管理や発注といった裏方業務もたくさんあります。将来スタイリストやデザイナーを目指して勉強しながら、この仕事をしている人も多いようです。

モデル

雑誌や広告の撮影やファッションショーをこなすものまで、そのタイプは様々です。芸能関連と同様、アパレル関連の雑誌や広告の撮影が多く、いろいろなタイプの洋服などを身に着けて撮影を行います。求人の数より働きたい人のほうが多く人気の高い職種となっています。芸能界への登竜門として始める人もいます。

ファッションデザイナー

衣服などの色や柄、スタイルをイメージし、デザインをする仕事です。そのデザインを画にお越しそれを元に型紙が起こされ、裁断、縫製という工程を経て服ができあがります。オートクチュールなどでは、すべての工程を1人で取り仕切るデザイナーもいるが、既製服の場合は完全分業制になっていることが多く工場でのライン工程で服ができあがります。アパレルメーカーの商品企画部門などに所属し、ひたすらデザインを考えるのがファッションデザイナーです。トレンドに敏感なことはもちろんだが、生地や型紙、裁断、縫製についてひと通りの知識がなければ業務をこなせないため、専門学校などで服飾の基本を学んだ後、就職する人がほとんどですが、求人より応募者のほうが多いためそれなりに狭き門と言えます。

パタンナー

ファッションデザイナーが描いたデザイン画を元に、型紙を作成する専門職です。生地の特性を理解し、着やすくかつファッショナブルな衣服の基盤を作る仕事となります。デザイナーの意図を適切にくみとり、美しいシルエットや機能性を意識しながら形にする、アパレル業界の中でも欠かせないポジションとなっています。オートクチュールでは、顧客の体型に合わせてひとつずつ型紙を作成しますが、アパレルメーカーの場合、サイズ展開などに応じて型紙を大量に作成します。デザインについてはもちろん、裁断や縫製に関しても豊富な知識が求められるので、ファッションデザイナー同様、専門学校などでしっかりと基礎を身につけてから就職するケースがほとんどです。さらに最近はCADなど、コンピュータを使って型紙を作成する機会も増えてきているので、CADについての専門知識も身につけておくのも将来的には必要となりそうです。

ソーイング

ファッションデザイナーがデザインし、パタンナーが型紙を作り、その型紙に沿って裁断された生地を縫い合わせるのがソーイングの仕事です。アパレルメーカーの縫製部門や縫製工場に勤め、主にミシンを使って衣服を作っていきます。最近は大量生産のため、海外で縫製が行われるケースも増えていることから、日本製の衣服にはより高いクオリティが求められており、現場では厳しい製品管理が行われています。また、工場などでは流れ作業になっているケースも多いが、刺繍などの細かい部分は手作業に頼ることも少なくないそうです。そうした現場で複雑なデザインの衣服でも自由自在に作れる技術を身につければ、将来は洋裁の専門職として独立することも可能でしょう。

エステティシャン・ネイリスト

エステティシャンは、一般的には髪以外の全身美容を手がけるトータルワークで、カウンセリングから皮膚のトリートメントやマッサージ、痩身、脱毛などを施術します。ネイルケアもその中の一分野だが、爪のみを専門的に扱い、カラーやスカルプチュアなどのネイルアートなどを行うのがネイリストです。いずれもエステサロン・ネイルサロンが主な職場になりますが、それ以外にも化粧品会社と専属契約したり、アーティストとしてフリーの道を歩むことも可能です。働き方次第では資格が必要な場合もあり、将来資格取得を目指しながら働く人も少なくありません。見た目の美容だけでなく、リラクゼーションも重要視されおり、繊細な接客技術が必須となります。

理容師・美容師

美容師は女性客主体の美容院、理容師は男性客主体の理容院・いわゆる床屋さんの技術者で、微妙に業務内容が異なっています。近年では男性も美容院に行きますので境目は小さくなっていると言えるでしょう。髪を切ってパーマやブローで整え、カラーリングを施すなど、さまざまな技術で理髪を行っていきます。お客さんの注文や流行に合わせ、的確にヘアスタイルを仕上げるテクニックとセンスに加え、接客中の会話力も重要です。繊細な作業を立ちっぱなしで行うので、意外にスタミナも必要ですし、お湯や薬品を多く使うため手あれなどのケアも重要です。専門学校を卒業、資格取得など経て美容院へアシスタントとして働き始め、髪を切ることができるまで数年かかります。

スタイリスト

CM、雑誌、ファッションショー、テレビ、映画などで、タレントやモデルが着用する衣装や小物をコーディネートする仕事です。対象の人物をどのようなイメージにしたいのか、何をアピールするのか、などを打ち合わせ、その内容に合う衣装や小物をショップから調達します。トレンドをうまくとり入れたり、複数のブランドの服をコーディネートするなど、ファッションセンスや感性などがとても重要となります。映画やドラマの撮影では衣装によって作品の印象がガラリと変わってしまうため、監督や演出家との入念な打ち合わせも必要となります。イメージとは裏腹にとてもタフな仕事と言えます。

ヘアメイク・メイクアップ

映画やテレビに出演する女優やモデル、タレントなどのメイクやヘアスタイリングを行います。そのほかにも化粧品会社のメイクデモや結婚式場、ファッションショーなど、活躍の場は多岐にわたります。顔を美しく見せるメイク、まったく別の顔を作り出すメイクなど、現場ごとで求められるメイクの形も複雑に変化するため、日ごろから勉強が必要な職種です。





Copyright © 2006-2011 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年7月17日 22時36分08秒です。