アルバイトと派遣の違い


アルバイトと派遣社員の違いはなんでしょうか。それは雇用形態の違いによるものです。

派遣社員


人材派遣によって雇用された労働者の事を指します。

人材派遣会社(派遣元)が雇用している労働者(派遣社員)を自分の会社のために労働させるのではなく、人材派遣の依頼を受けた会社(派遣先)へ仕事の支持を受け労働者を派遣先のために労働させることを人材派遣といいます。派遣先が労働者を直接雇うのではなく、人材派遣会社と契約して労働者を貸してもらうイメージです。

この雇用形態の労働者を一般に派遣社員といいます。派遣社員は自分が所属している人材派遣会社から給与をもらうのですが、仕事の支持は派遣先から支持を受け仕事をするのが特徴です。


アルバイト


一般的には期間契約社員で特に未婚で若年層の社員の事を指します。

これが主婦だとパートタイマーと呼ばれます。アルバイト正社員の法的な区別は無く、慣例的なものと言えます。つまり、アルバイトでも有給休暇もとれるのです。(通常雇い主の方針でそんなことはありえないですけどね)

雇用形態は正社員と同等ですので、雇い主でが労働者へ直接給与を支払います。また、正社員の場合は月給制または年俸制ですが、アルバイトは時給制や日給制が一般的です。


働く側ではどっちがメリットあるの?


正直どちらも働く側の条件によってメリットデメリットがあります。このサイトのテーマである短期バイトの場合は確実にアルバイトの方がメリットがあります。派遣も期間契約で3ヶ月単位とかですが、短期バイトの場合は最短半日、長くても1週間程度働くとで働いた日の即日もしくは数日後にお金を手にすることができるからです。



Copyright © 2006-2018 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年12月10日 8時49分07秒です。