デザイナー・クリエーター


デザイナーやクリエイター近年確立された職業で、専門学校も多くあります。目指す人も多い人気の職業ですね。自分の発想を形にできて、手に職が付く仕事です。デザイナーやクリエーターと言っても、デザインする対象物、作り出す物によって職種は様々です。何をデザインしたいのか?何のデザイナーになりたいのか?自分も興味ややりたいことをしっかりと自覚しておく必要があります。


関東でデザイナー・クリエーターのアルバイトを探す


東海でデザイナー・クリエーターのアルバイトを探す


関西でデザイナー・クリエーターのアルバイトを探す


広告制作
グラフィックデザイナー
DTPオペレーター
スタイリスト
ソーイング
インテリアコーディネーター
ゲームテスター
アニメーター
漫画家・漫画家アシスタント
コピーライター
インターネットコンテンツ制作
ファッションデザイナー
パタンナー
インテリアデザイナー
ゲームクリエイター
アートディレクター
イラストレーター




広告制作

ポスターやチラシから、新聞・雑誌広告、テレビCMまで様々な媒体に掲載する商品やサービスをアピールするための広告を作る仕事です。企画やプレゼン、コピーライターやフォトグラファー、デザイナーなどのスタッフをとりまとめるディレクション的な役割まで、広告掲載媒体などによってもシゴトの内容が異なり、その業務内容は多岐にわたります。クライアントの意向をいかに表現するかといったセンスやアイデアが求められるほか、印刷や映像などに関する知識も必要。新聞や雑誌の広告部門や広告代理店、広告制作会社に勤務し、その肩書きはときに広告企画だったり、ディレクターだったり、プロデューサーだったりします。クライアントの意思や意図を形にするため、コミュニケーション能力も求められます。

グラフィックデザイナー

構図や色、デザインを組み合わせ、伝えたいメッセージをビジュアル化して表現する仕事です。ポスター、カタログ、パンフレットをはじめ、雑誌、書籍、チラシ、ハガキ、名刺に至るまで主に紙媒体のデザインを行います。近年ではWebコンテンツのグラフィックデザイナーも増えています。主に広告分野で活躍するグラフィックデザイナーに対して、雑誌専門の人はエディトリアルデザイナーと呼んで区別する場合もあります。大学や専門学校、スクールなどで美術、デザインについて学んだ人が多く、最初は大抵、制作プロダクションや広告代理店などで経験を積みます。将来的にはフリーランスとして独立することを目指している人もいます。

DTPオペレーター

DTPとはデスクトップパブリッシングの略語で、パソコンを使って紙面のデザインやレイアウトを行うことをいう。DTPオペレーターはこのDTPで使用するソフトを自在に操り、デザイナーやアートディレクターの指示に従って、デザインやレイアウトを仕上げる仕事です。ポスターやCDジャケットなどグラフィック要素が強いものに関しては、主に画像のサイズを変更したり、画質を調整したり、色彩をチェックしたり、印刷に適したデータに修正する作業などを行います。一方、雑誌や書籍など、文字要素の多いものは、文字を所定の場所に流し込み、体裁を整えるという作業も加わります。

スタイリスト

CM、雑誌、ファッションショー、テレビ、映画などで、タレントやモデルが着用する衣装や小物をコーディネートする仕事です。芸能人がテレビに出る際の衣装などをコーディネートする仕事でも有名ですね。トレンドをうまくとり入れたり、複数のブランドの服をコーディネートするだけでなく、人を主張したいのか、商品を主張したいのかなど、コーディネートする対象によってもファッションセンスや感性が求められます。

ソーイング

ファッションデザイナーがデザインし、パタンナーが型紙を作り、その型紙に沿って裁断された生地を縫い合わせるのがソーイングの仕事です。アパレルメーカーの縫製部門や縫製工場に勤め、主にミシンを使って衣服を作っていきます。最近は大量生産や安価な労働力を求めて海外で縫製が行われるケースも増えており、日本製の衣服には高いクオリティが求められ、その現場で働く人へも高いスキルが求められます。手に職が就けられれる職業のため、長く働くことが出来ます。

インテリアコーディネーター

インテリアについて、お客さんに適切なアドバイスをする仕事です。インテリアショップやショールーム、百貨店などに勤め、家具のサイズや材質、手入れ方法についてのアドバイスはもちろん、住居空間全体のインテリアコーディネートなども行います。家具や雑貨だけでなく、照明器具、カーテン、ファブリック、天井や床の材質などについても幅広い知識が求められます。それらに関する日々の勉強は必要となりますが、長く愛用する家具や毎日過ごす快適な室内空間を提案できるセンスが必要。部屋のレイアウトはCADで作成することが多く、2Dのほか3DのCADを扱えると強みになると言えます。アルバイトをしながらインテリアコーディネーター資格を目指している人も多くいます。

ゲームテスター

開発途中のゲームソフトのバグ(プログラムミス)を、プレイしながら発見するでゲーム好きの学生に人気の仕事です。普通にプレイするだけでなく、何通りも仕組まれたさまざまなパターンについてすべてチェックを行い、バグレポートを作成します。つまりただゲームクリアを目指すのではなく、わざわざ得点を減らす行動をとるなど、普通では考えられないことも試して、どんな操作をしてもエラーにならないようゲームのクオリティを高めていきます。このテスト期間は数週間から、長いものでは数ヵ月に及びます。発売前のゲームをプレイできるメリットはあるものの、同じゲームばかりやり続け、自分の好きにプレイが出来ないため、ある程度の忍耐力が必要です。

アニメーター

アニメ制作に携わる人を広くアニメーターと呼びますが、アルバイトの仕事では主に作画担当者のことを指します。演出家が作成した絵コンテに基づいて、実際にアニメーションとなる絵を1枚1枚描いていくのが仕事です。これを仕上げ担当者がセル画にし、背景と組み合わせて1枚1枚撮影、そして1秒に24枚のセル画をつなげるとアニメーションになる。最近はCGの活用も増えているため、絵を手描きするのではなく、コンピューターで立体的に作成することもお多いため、絵の知識や才能はもちろんCGの知識もあるとよいでしょう。

漫画家・漫画家アシスタント

漫画家は、文字通り漫画を描くのが仕事で、売れだせば週刊誌などに複数の連載を抱え、締め切りに追われて昼夜を問わず机に向かう毎日となります。ヒット作を生み出せば、単行本の印税にアニメ化や映画化、キャラクター商品のライセンス料など、一気に億万長者も夢ではありません。もちろん実際そうなれる人は全体のほんの一握りです。アルバイトではその漫画家のアシスタントを行います。漫画家アシスタントとは、漫画家が描いた下絵にペンを入れたり、背景を描いたり、色をつけたりして漫画家の作品作りを手伝う仕事で漫画家を目指しつつアルバイトとしてアシスタントを行う人もいます。アルバイトではなく漫画家とアシスタントが師弟関係となるパターンも少なくありません。


コピーライター

あらゆる広告のキャッチコピーや文章を考える仕事です。電車の中吊りや駅貼りのポスター、新聞や雑誌の広告からテレビ・ラジオCMまで、広告媒体は多岐にわたり、その媒体にあわせた広告を準備する必要があります。簡潔な文章で、広告主が言いたいことをいかに的確に表現するか、より多くの人の目にとまる言葉にできるかというアイデアやセンスが問われます。短いキャッチコピーだけでなく、ときには雑誌の記事のような長いコピーを書くこともあり、当然文章力は必須です。広告代理店や広告制作会社などに勤めているケースがほとんどだが、有名コピーライターともなれば、独立して事務所を構えている人もいます。


インターネットコンテンツ制作

インターネット上に公開するWebコンテンツの制作会社などに勤め、大企業から個人まで、様々なクライアントから依頼を受けたWebサイトを制作を製作する仕事です。その業務は企画提案、プレゼンテーション、一緒に制作を進めていく社内外のスタッフへの業務発注、完成したWebサイトの確認・運用と幅が広いです。Webコンテンツ制作の現場は分業化が進んでおり、見た目をデザインするWebデザイナー、使いやすく設計するWebプログラマー、制作全体を取り仕切る Webディレクターなどそれぞれ専門的に行うパターンからどれもこなすパターンがあります。当然専門知識、技術が必要でインターネットコンテンツにかかわる専門学校の学生などがアルバイトをしながら将来のための経験を積んだり、人脈を作ったりすることが多いです。


ファッションデザイナー

衣服などの色や柄、スタイルをイメージし、デザイン画を描く仕事です。そのデザイン画を元に型紙が起こされ、裁断、縫製という工程を経て服ができあがります。オートクチュールなどでは、すべての工程を1人で取り仕切るデザイナーもいますが、既製服の場合は完全分業制になっていることが多く、その流れの中でアパレルメーカーの商品企画部門などに所属し、ひたすらデザインを考えるのがファッションデザイナーです。トレンドに敏感なことはもちろんだが、生地や型紙、裁断、縫製についてひと通りの知識がなければ業務をこなせないため、専門学校などで服飾の基本を学んだ後、就職する人がほとんどです。アルバイトではそのファッションデザイナーのアシスタントとして仕事をすることもあります。


パタンナー

ファッションデザイナーが描いたデザイン画を元に、型紙を作成する専門職です。生地の特性を理解し、着やすくかつファッショナブルな衣服の基盤を作る仕事です。デザイナーの意図を適切にくみとり、美しいシルエットや機能性を意識しながら形にし、アパレル業界の中でも欠かせないポジションとなっています。オートクチュールでは、顧客の体型に合わせてひとつずつ型紙を作成するが、アパレルメーカーの場合、サイズ展開などに応じて型紙を大量に作成しなければなりません。デザインについてはもちろん、裁断や縫製に関しても豊富な知識が求められるので、専門学校などでしっかりと基礎を身につけてから就職するケースがほとんどです。さらに最近はCADなど、コンピュータを使って型紙を作成する機会も増えてきているので、CADについての専門知識も身につけておくとよいでしょう。


インテリアデザイナー

住宅や商業施設といった室内空間のデザインを行う仕事です。デザインする対象は、一般の住宅、店舗、オフィス、ホテルなど幅広く、インテリアの配置から、照明や家具など内装品のデザインまで手がけます。クライアントの要望に合わせて、どれだけ快適な室内空間を実現できるかが問われる仕事です。建物の建築段階から関わることも多く、建築や設計に関する知識も必要とされます。活躍の場は主にインテリア関連メーカー、設計事務所、インテリアデザイン事務所、建設会社などで、専門分野を追求していくことにより、空間デザイナー、店舗デザイナーなどと呼ばれることもあります。学生がアルバイトをしながら経験を積むこともあります。


ゲームクリエイター

ゲームソフトの開発現場では、グラフィックデザイナーやゲームプログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイター、ゲームプランナー(ゲームデザイナー)、ディレクターといった人たちが活躍しており、このようなゲーム製作に関わる仕事を総称してゲームクリエーターと呼んでいます。ゲームソフトのアイデアを出し、企画書や仕様書を書き、ディレクターと共にプロジェクトチーム全体をまとめてゲームを完成させます。それぞれ分業が定着しているゲーム業界ですが、ゲームクリエイターは複数の役割を担うことが多い。ゲームメーカー、ゲームを制作するソフトハウスなどで活躍しています。


アートディレクター

アートディレクターは、メディアにおける視覚的表現の責任者です。雑誌や広告、CM、テレビ番組まで幅広い分野で活躍し、そのメディアの視覚的表現を取り仕切ります。たとえば雑誌の場合、異なるデザイナーが担当したページ全てに目を通し、色遣いやデザインの統一感などをチェックします。もちろん表紙のデザインなども編集部と相談のうえアートディレクターが決定します。


イラストレーター

雑誌や書籍、広告などへ挿し絵を描く仕事です。フリーランスで働く人が多いが、中には広告制作会社などに専属イラストレーターとして勤めているケースもあります。仕事の報酬や規模は実力によります。当然絵や色彩のセンス、デザイン力も必要です。





Copyright © 2006-2018 短期バイトの探し方. All rights reserved
アクセス日時は2018年5月27日 8時16分55秒です。